栃木はいちごの収穫量日本一

栃木のいちご

栃木県の自然環境は、いちごの生育にとても適しています。栃木のいちごは、豊富に降りそそぐ陽光ときれいな水、そして肥沃な大地に育まれます。また、内陸型の気候は、夏と冬、そして昼と夜に大きな寒暖の差をもたらします。この寒暖の差が、いちごを鍛え、甘くておいしいいちごをつくるのです。これらに加え、首都圏に近いことから、新鮮ないちごをいち早く大消費地にお届けできることも栃木の特徴です。
栃木のいちごは、長く収穫量日本一の座を保ってきていますが、これには生産者、農業団体、そして行政が一丸となって、たゆまぬ栽培技術の進化と品種改良を重ねてきた歴史があります。作付面積は昭和47年頃をピークに減ってきていますが、収穫量は当時の2倍ほどまで増えています。こうしたことからも、栃木がいちごの生産に並々ならぬ力を注いできたことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

cropped-110401.jpg

今から約200年前、オランダで交配されたのが、現在のいちごのルーツです。日本には、江戸時代末期にオランダから長崎に伝来しました。
栃木でいちごが本格的につくられるようになったのは、昭和30年代に入ってからのこと。当時は畑でいちごを栽培する「露地栽培」が一般的で、収穫時期も5月〜6月と限られていました。その後、促成栽培の研究が進み、施設も「トンネル栽培」から「ハウス栽培」へと進化していきました。さらに栽培技術や、品種の改良が進み、現在のように11月頃からでもいちごが食べられるようになったのです。
昭和59年に栃木で生まれた新品種「女峰」は、収穫時期を早め、育てやすく食味のよい品種として、またたく間に全国で人気のブランドとなりました。平成8年に誕生した「とちおとめ」は、女峰のよさを受け継ぎ、さらに粒が大きく甘みを増して、現在、栃木を代表する品種としてたくさんの皆さまに愛されています。

cropped-.jpg

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です